STAR Group
Your single-source partner for corporate product communication
電話番号
技術情報管理プラットフォーム

GRIPS

GRIPS

ドキュメンテーションは近年XML化される傾向にありますが、多くの企業では情報管理の重要さを認識していても、情報は部署毎、プロジェクト毎で個別に管理されデータの更新やレイアウトに膨大な時間と労力を費やしているのが実情です。GRIPSはシュタールグループのスイス本社STAR AGが20年以上の技術翻訳とドキュメンテーションの経験とノウハウを結集し、最新のXMLテクノロジーを駆使して開発したIMS(情報マネジメントシステム)です。

ドキュメント単位の管理から情報の一元管理へ

修理マニュアルや取扱説明書など一連の製品情報は共通部分が多いにも関わらず、ドキュメント単位で管理されているために、変更や修正が発生する度に更新しなくてはなりません。GRIPSでは社内に分散されている情報を集約し、共通した内容の情報を一元化することで、一括更新が可能となり重複から発生する誤謬を防ぐと同時に、徹底した情報の再利用を実現します。

インフォメーションユニットとインフォメーションマトリックス

GRIPSで情報を管理するには、まず社内に存在する製品情報を内容を基準に部品化し、製品、パーツ、情報の種類といったカテゴリーに分類します。そして部品化した情報(インフォメーションユニット)で、多次元の立方体(インフォメーションマトリックス)を構築します。インフォメーションユニットは、マトリックス上で固有のアドレスで管理されユニット同士が関連づけられる仕組みです。

インフォメーションナビゲータ

インフォメーションユニットを視覚化し、制御するのがインフォメーションナビゲータです。瞬時に必要な情報を探し出しその場で編集できます。またインフォメーションユニットの作業プロセスはアイコンでカラー表示されるので、各ユニットの作業状況が一見して把握でき、進捗管理も容易に行なえます。

多言語の情報管理に完全対応

GRIPSではインフォメーションマトリックスの、煩雑な多言語の情報管理も難なく対応できます。どこからでも、どの言語のインフォメーションユニットにもアクセス可能です。多言語に翻訳された情報の同時管理はもちろん、ヨーロッパ言語のみならず日本語や中国語といったアジア言語(ダブルバイトの言語)も扱えるほか、管理する言語数に制限はありません。各国で行なわれる作業の進捗も集中できます。

既存データの活用

GRIPSで既存のデータを再構築することができるため、長年蓄積してきたデータをむだにすることはありません。GRIPSはPDM、CAE、CAD等に対するインターフェースを装備することで、他のシステムとのデータ交換もスムーズに行なえるのはもちろん、他のシステムと連動したシステムを構築することも可能です。

オンデマンドで出力・配信

GRIPSにおいて、レイアウト作業(DTP)は一切不要です。GRIPS内に装備された紙媒体、CD-ROM、Webといったメディアにあわせたスタイルシートにより、DTPなしで、ひとつの情報を用途に応じて複数のレイアウトで複数の形式で、出力・配信が可能です。GRIPSは文字情報のみならず、画像、サウンド、動画等さまざまな形式のデータを処理します。