STAR Group
Your single-source partner for corporate product communication
電話番号
翻訳メモリ

Transit NXT

Transit

翻訳メモリとは?

マニュアルや取扱説明書といった文書には、同じ文章や似通った文章が繰り返し出てきます。また定期的に行われる改訂版ではその内容の大部分は旧版の流用や一部の修正にとどまっている場合が少なくありません。翻訳メモリは翻訳者が生成した訳文を改訂版や類似製品のマニュアルに再利用することで中長期的な翻訳作業の手間とコストを削減。大量の翻訳を処理するには必須のツールといえます。

主な機能

▲ プリトランスレーション
原文どおしが完全一致した文章を過去の対訳で置き換え。

▲ ファジーマッチ
原文に類似した文章の過去の対訳を部分的に流用しながら翻訳。

▲ 辞書機能
Transitと連動する用語管理ツールTermStarの辞書に用語とその訳語などを登録すると、翻訳作業中に随時検索され、用語統一が可能。 多言語の辞書作成はもちろん、Excel形式の用語集をTermStar形式に変換して翻訳中に参照したり、TermStar辞書をExcel形式に変換することも可能。

エルゴノミックデザインを採用 – 直感的に使える操作性を実現

Transit NXTはこれまでのバージョンからデザインを一新。 エルゴノミックデザイン(人間工学に基づいた)デザインを採用し、直感的に使える操作性を実現しました。 徹底して色分けされたウィンドウタイトルバー、一目でわかるアイコン、複数ウィンドウ間の同期など、初心者から上級者までレベルを問わずどんなユーザにも使いやすい環境を提供します。


① リボンバー
② フローティングウィンドウタブ
③ メインファンクション
④ ソースウィンドウ
⑤ ターゲットウィンドウ
⑥ 辞書ウィンドウ
⑦ マークアップウィンドウ

レイアウトを確認しながらの翻訳作業が可能に

レイアウトを確認しながら翻訳したい-多くのお客様から寄せられていた要望を実現したのがこの機能です。 Transit上での翻訳作業を中断することなく、翻訳中のテキストを原文と同じレイアウトで見ながらの作業が可能となるほか、ユーザインターフェースのリサイズ機能などを備えたリソースエディタやマークアップ処理などにも活用できます。

リソースエディタ上で直接ユーザインターフェースをリサイズ

TrasitNXTに搭載されたダイナミックプレビューによりリソースエディタ上で直接編集ができるようになりました。 ダイアログコンポーネントのサイズとダイアログ内のテキストの長さを調整しながらの翻訳作業が可能であり、生産性も向上。 修正したダイアログボックスのリストが自動生成されるため、開発者へのフィードバック時にも便利です。

対応言語

各種ヨーロッパ言語、アジア言語はもちろんアラビア語やヘブライ語まで、基本的にWindowsがサポートしている言語はすべて対応しています。


対応しているファイル形式  
Ms-Word、Excel、PowerPoint 標準装備
SGML、HTML、RTF 標準装備
FrameMaker オプションフィルター
InDesign オプションフィルター
PageMaker オプションフィルター
QuarkXpress オプションフィルター
AutoCAD オプションフィルター
推奨動作環境  
対応OS: Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
CPU:  2 GHz以上のIntel Pentiumプロセッサー相当
必要メモリ: 1 GB以上
ハードディスク空き容量: 5 GB以上

エディション

Transit NXTには3つのエディションがあります。
Transit NXT Professional: プロジェクトマネージャー向けの最上位エディション。
Transit NXT Freelance Pro:単独ユーザーがプロジェクト作成し、翻訳を完成させるためのフリーランス翻訳者向けのエディション。
Transit NXT Workstation: プロジェクトを作成することはなく、翻訳作業のみを行う翻訳者向けのエディション。

各エディションの主な違いは次の表のとおりです。

  Professional Freelance Pro Workstation
インポート・エクスポート ×
PPF作成 × ×
PPF受信
多言語プロジェクトの
作成

ターゲット言語数に
制限なし
×
ターゲット言語数は
1言語のみ
×
XLIFFの受信・返送 ×

価格表

Transit NXTの価格につきましてはこちらをご参照ください。


FAQ

Transit NXTに関するFAQはこちらをご参照ください。


Readme

サービスパック9のReadmeはこちらをご参照ください。




最新のサービスパック:SP9