組み込みネットワーク設計者必携の CAN・CANopen 解説書

「CAN および CANopen による組み込みネットワーク」

“Embedded Networking with CAN and CANopen”(Olaf Pfeiffer / Andrew Ayre / Christian Keydel 著)の日本語版である本書は、初心者・経験者を問わず全ての組み込みネットワーク設計者に最適な CANopen の解説書です。

CANおよびCANopenによる組み込みネットワーク

博士(工学)福島 E. 文彦(東京工業大学助手*)監修
(*出版当時)
発行所 : 株式会社 シュタール ジャパン
B5 変形 572 頁 定価 15,000円(税別)
電子書籍はこちら

  • CANopen システム設計やシステムインテグレーションのための優れた情報源。
  • 既成のツールやコンポーネントを使用しての CANopen ネットワークのレイアウトやコンフィギュレーションに必要な情報を網羅。
  • CAN および CANopen の評価を行なうための基本資料としても重宝。
  • CANopen ノードを開発しているエンジニアの手助けとなる詳細な解説も掲載。
  • CANopen のみならず CAN についても解説されており、システム開発やシステム設計エンジニアはもちろんのこと、自動車分野をはじめとする工業系エンジニアにとっても充実した内容。

主な解説内容:

  • 組み込みネットワークと通信制御の要件
  • CAN テクノロジーの基礎
  • CANopen 標準規格の特長
  • 具体的な実装方法の紹介と比較
  • CANopen ネットワークの構築 / コンフィギュレーション

●第 3 部「CANopen リファレンス」セクションでは、主要な情報や「よくある質問(FAQ)」など、本書で概説されている規格や手法について、すばやく簡単に参照できる各種付録を収録。

お申し込みは「お問い合わせ」ページからご連絡ください。
* 新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、商品のお届けにお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
振込によるご注文代金の先払いをお願いする場合がございます。該当する場合は、お電話またはメールにて事前にお知らせいたします。

正誤表のお知らせとお詫び
424p の記述が英文版で間違っていることが判明し、和文版用の正誤表を用意致しました。ご購入されたお客様にはたいへんお手数ですが正誤表をダウンロードしていただき、ご利用ください。なお、今回の和文版の誤記にともなう賠償や正誤表の郵送には対応致しかねますので、ご了承ください。
正誤表はこちら